12月23日のやり過ぎ都市伝説では、1京円を超える資産を持つと言われるロスチャイルド家について特集しています。この莫大な資産額で、世界を影で牛耳るとも言われています。そんなロスチャイルド家の秘密に迫りました!



ロスチャイルド家とは?

ロスチャイルド家は、長い間に渡って歴史を裏から支配してきた大富豪です。

ロスチャイルド家の下には、コカコーラやディズニー、数々の大手銀行が付いていると言われています。ロスチャイルド家は、最初はユダヤ民族ということで、虐げられた生活をおくっていました。しかし、とあるキッカケで、大富豪とタッグを組みます。

大きな資金を得たロスチャイルドは、家族全員でヨーロッパ全土の金融業を支配し、莫大な資産を築いていきます。



金融業の土台を作ったロスチャイルド家

現在の金融業の土台を作ったのがロスチャイルド家と言われています。お金を貸したりして、世の中のお金の流れの中心になる。これこそがロスチャイルド家の戦略です。

逆にいうと、ロスチャイルド家ほど、お金の流れに敏感な一族はいなかったのかもしれません。「金は天下の回り物」という言葉を地で行くロスチャイルド家に、周りの人間がついていけてなかったのですね。

ロスチャイルド家の資産は1京円!?

ロスチャイルド家の資産は1京円とも言われています。1兆円の1万倍が1京円です。もうわけわかめ。笑

ちなみに、日本の国家予算が100兆円と言われています。このロスチャイルド家の1京円がいかにスゴイかわかると思います。日本国民束になってかかっても、全く歯が立たない資産を持っているということですね。